海外発送/国際配送サービスの転送コム

縮小絵巻物 〈四季花鳥図巻〉 酒井抱一筆(上・下巻セット)

BRD-5437-JT

12,000円(税込13,200円)

当サイトをどこでお知りになりましたか
購入数

いつまでも眺めていたくなる詩情あふれる絵画世界

江戸琳派を代表する絵師、酒井抱一(1761-1829)。俳人としても高名で、多芸多才の人だった。
美術史的評価が高まった現在では展覧会なども開催され、高い人気と知名度を誇る。

代表作「四季花鳥図巻」は、その名の通り四季の花鳥が描かれた絵巻で、
とりどりの色彩と生き物にあふれており、見ていて楽しい。

上巻は「春夏乃花鳥」。
福寿草から群青の流水が添えられた燕子花(カキツバタ)までの春夏の花鳥が描かれている。
尾形光琳の画風を受け継いだ「たらしこみ」が効果的に用いられ、
花や草木の全ては、あたかも水に泳ぐかのように空間をゆるやかに駆けている。

下巻は「あきふゆのはなとり」。
銀色の満月と優美な曲線の枝を重ねる萩からはじまり、雪積もる白梅の枝と水仙に終わる。


■サイズ/紙幅11.5cm×長さ(上巻:249.8cm、下巻:249.8cm)
■仕様/裂表紙巻子仕立、和英解説書、四方帙納
■印刷方法/オフセットカラー
購入数

商品カテゴリーから探す

雑誌タイトルから探す