海外発送/国際配送サービスの転送コム
変わりゆくモンゴル……
時代の波に翻弄されながら、それでも少女は草原を駆け抜けた



プージェーにまた会いたくなる宝物のようなドキュメンタリー
1999年、探検家の関野吉晴は、南米最南端から人類誕生の地アフリカを目指す旅の途中、
モンゴルを訪れ、大草原を自在に馬で駈けるひとりの少女と出会う。思わずカメラを構えた関野に
少女は言い放った。「写真撮るなら、こっちに来ないで!」――。
関野に出会い頭の一撃を喰らわせた少女は、名をプージェー(木曜日に生まれた幸せな子、という意)といった。
当時まだ6歳。自立心が強く、決して大人に媚びない態度に関野は魅了され、
同時に遊牧民の理想像を重ねてしまう。
足繁く訪ねて来る関野をプージェーの家族は温かく受け入れてくれた。
それから続いた5年間の交流のなかで、関野は変わりゆくモンゴルの現実を目の当たりにする。
社会主義に変わって導入された市場経済は貧富の格差を生み、遊牧民にとっては致命的な家畜泥棒が
横行し、プージェー一家もその犠牲となる。
そして、大切な草原では市場価値の高いヤギの数を増やしすぎてしまったため、草が枯れ、
モンゴルの家畜総数の10%が餓死してしまった。
そんな近代化の波に飲み込まれつつある家族をさらなる悲劇が襲う。最愛の母の死、そして……。
これは、時代の波に翻弄されるモンゴル遊牧民の、切なくも美しい5年間の記録である。

プージェーと関野吉晴の出会いについて
6歳といえは、日本では(幼稚園・保育園の)年長か小学一年生にあたる。
ウランバートル郊外の草原で関野がプージェーに出会った時、彼女は馬に跨がり、たったひとりでたくさんの
牛を追っていた。神々しさすら感じさせる情景である。
カメラを向けると、少女は露骨に嫌な顔をし、怒った表情を見せた。この時、プージェーは、事情により長期間、
家を空けていた大黒柱の母親に代わり、一家の留守を預かっていたのだ(元より男手はなし)。
「写真撮るなら、こっちに来ないで!」というあまりにも印象的な始まりの一言は、
いきなり訪ねて来た異国の旅人が、放牧という“仕事”の邪魔になると感じたプージェーの切実な思いから
発せられた言葉だった。

■監督/山田和也
■収録時間/110分
■仕様/4:3、片面一層、ステレオ、カラー、MPEG-2
■公開/2006年
■製作/puujee製作委員会


パンフレットをプレゼント!
2006年公開の本作を改めてご紹介できるこの機会を受け、DVDをお買い上げの方に、
別売り(税込700円)のパンフレットをプレゼントいたします。

関野吉晴
1949年生まれ。探検家、医師。一橋大学在学中に探検部を創設。
1993年から、アフリカで誕生した人類がユーラシア大陸を通ってアメリカ大陸にまで拡大していった
およそ5万3千キロの行程を、自らの腕力と脚力だけを頼りに遡行する旅「グレートジャーニー」を始める。
購入数

商品カテゴリーから探す

雑誌タイトルから探す