海外発送/国際配送サービスの転送コム
『「茅空」の愛称で親しまれている中空土偶』

■商品説明
昭和50年(1975)、道南の漁業の町、函館市茅部地区(旧南茅部町)で、
ジャガイモの収穫をしようとしていた地元の住民によって、畑の中から土偶が発見された。
発見された土偶は中身が空洞の“中空土偶”だった。文様構成に優れ、
縄文文化の貴重な資料であることから、重要文化財への指定を経て、平成19年(2007)には
北海道で初となる国宝に指定された。
出土地である南茅部の「茅(かや)」と中空土偶の「空(くう)」を合わせた
「茅空(かっくう)」の愛称で親しまれている。
本作はそんな学術的価値の高い「茅空」の精巧なレプリカ。
実物同様、中は空洞になっている。書斎に飾れば気分は考古学者だ。


■商品概要
サイズ:高さ約20×肩幅11cm
重量:約400g
材質:粘土(素焼き)
※在庫切れの際は、製作期間として3週間〜1カ月程度、お時間をいただきます。
購入数

商品カテゴリーから探す

雑誌タイトルから探す