海外発送/国際配送サービスの転送コム

鎌倉彫 ソーサー(刀痕)

KBG-4772

8,800円(税込9,680円)

当サイトをどこでお知りになりましたか
カラー
購入数

『銘々皿としても使えるソーサー』

■「鎌倉彫」について
鎌倉の地が武家の都として栄えていた頃、宋から禅宗文化が伝わり、
建長寺や円覚寺などの禅宗寺院が建立された。
また、彫漆器(漆を何度も塗り重ねて彫刻した漆器)も宋より輸入され、仏具として珍重された。
このような時代背景の元で、仏像や仏具の制作に携わっていた仏師らが、高度な木彫技術を基盤とし、
舶来した彫漆に影響を受けて考案したものが鎌倉彫の始まりと考えられている。
ここではコーヒーカップや弁当箱など、日々の暮らしに溶け込む漆器を厳選した。

■商品のご紹介
鎌倉彫の独特の技法である「刀痕」のみでデザインしたシンプルなソーサー(受け皿)。
前ページで紹介した俱利カップやお手持ちのカップ、湯呑のソーサーとして使うのはもちろん、
季節の料理や菓子の銘々皿にするなど、単品でも幅広く使用できる。

■商品の概要
カラー:黒、弁柄(暗い赤みを帯びた茶色)
サイズ:縦15×横15×高さ1cm
材質:桂(漆塗り)
商品協力:鎌倉彫カフェ・ショップ・ギャラリー「倶利」guri

●鎌倉彫のお手入れ方法
・台所用中性洗剤を使い、柔らかいスポンジで洗って下さい。
・長時間水につけ込まないで下さい。
・洗い終わったら、布巾で拭いて保管して下さい。
・電子レンジ、オーブン、食器洗浄機、乾燥機は使用しないで下さい。
・タワシ、磨き粉の使用は、擦り傷の原因となりますので避けて下さい。
・体質により、漆でかぶれることがあります。かぶれた場合は使用を中止し、皮膚科の医師にご相談下さい。
購入数

商品カテゴリーから探す

雑誌タイトルから探す