海外発送/国際配送サービスの転送コム
希少な青翡翠から作った勾玉

■商品説明
縄文・弥生・古墳時代を通じて出土している勾玉。
『古事記』には「勾玉」、『日本書紀』には「曲玉」と記され、古来より強力な魔除けとして、
祭祀などに用いられてきた。歴代の天皇が受け継いできた三種の神器のひとつとしても知られる。
この勾玉は、世界的にも珍しい翡翠の産地として有名な糸魚川で産出された希少な青翡翠から作られている。
根付(ストラップ)としてカバンなどにつけたり、
根付紐を外してお好みの紐に通し直せばネックレスのトップとしても使用できる。

■商品概要
材質・サイズ:麻ひも(調整可能/最長で約740mm)、糸魚川翡翠勾玉大(約28mm)×3、
糸魚川翡翠勾玉小(約19mm)×2、管玉ネフライト(約18mm)×4、輪玉ミャンマー翡翠(直径約10mm)×3、
丸玉ミャンマー翡翠(約8mm)×6、丸玉ミャンマー翡翠(約10mm)×4、房(正絹)、紐(ヘンプ)
全重量:約75g
備考:桐箱入り


購入数

イメージはありません。

商品カテゴリーから探す

雑誌タイトルから探す