海外発送/国際配送サービスの転送コム
『お守りとして持ち歩けるキーホルダータイプ』

■勾玉のご紹介
古代より神宝とされる三種の神器の一つ。

三種の神器とは、八咫鏡、天叢雲剣、そして八尺瓊勾玉である。神々の国出雲で造られる勾玉は、古代より権力の象徴とされ、朝廷に献上されてきた。

また、古代の人々の幸運と魔除けのお守りとしても使われていたとされる。

悠久の時を感じながら、壮大な歴史物語に思いを馳せたい。


■商品のご紹介
勾玉を黄金に輝くキーホルダーに。ずっしりとした重みと迫力が味わえるサイズ感。

金色は金運と成功の象徴とされ、さらに勾玉の魔を寄せ付けない力も宿るキーホルダー。

年齢、性別を問わず、お守りとして気軽に持ち歩ける。

厚みやカーブ、膨らみ具合など、細部までこだわったフォルムとなっている。

こちらもめのうの店 川島の作。

■商品の概要
サイズ:勾玉:縦2.0×横1.5×厚み0.8僉▲螢鵐案盞臓2.0僉∩環后7.0
重さ:18g
素材:真鍮、金メッキ
生産国:日本
※品切れしていた場合、お届けまでに2週間ほどお時間をいただく場合があります。
購入数

商品カテゴリーから探す

雑誌タイトルから探す