海外発送/国際配送サービスの転送コム
『いわずと知れた和泉守兼定』

■商品の紹介
新選組の「鬼の副長」土方歳三の遺愛刀として有名な会津十一代・和泉守兼定(いずみのかみかねさだ)は、
新選組に所縁の深い会津藩の名工。兼定の刀は、刀身の姿が美しく地肌が綺麗に現れるのが特徴だ。
切れ味も素晴らしかったとされており、土方とともに池田屋事件、戊辰戦争を戦い抜いた。

■商品の概要
・サイズ/全長:約105cm、刃渡り:約73cm
・重量/約1.2kg
・仕様/刃紋:兼定、鍔:木瓜、鞘:赤梨地(ウレタン塗装)
・材質/刃材:亜鉛合金ダイキャスト、銅・クロムメッキ、柄材:樹脂、人絹捻巻、鞘材:天然木、下緒:人絹平織
購入数

一緒に購入されている商品

商品カテゴリーから探す

雑誌タイトルから探す