海外発送/国際配送サービスの転送コム

模造刀・居合刀・掛台

55商品

おすすめ順 価格順 新着順

55商品 13-24表示
55商品 13-24表示

日本刀・模造刀について

鎌倉・室町・戦国・幕末、とそれぞれの時代を駆け抜けた武士たちの傍にあった魂。それが日本刀です。当時最先端の金属技術、鍛刀技術などの粋を集めて作り上げられた刀身と拵えは、時間を経た現在においても日本の美意識を反映した世界に誇る芸術品です。

1.模造刀の値段・相場ってどのくらい?

模造刀は素材や仕上がりによって相場が異なります。模造刀のタイプ・ランクは大きく分けて4種類に分類されますので、具体的な種類を解説していきます。

(1)プラスチック製の模造刀

最も安価なものは「プラスチック製」のもので、値段は4,000円〜8,000円と安いのが特徴です。観光地のおみやげショップなどでよく販売されています。模造刀としての再現性はそれほど高くありませんが、ちょっとした舞台や、イベント時の仮装や衣装グッズとして利用されています。

(2)合金、天然木、本鮫地などを使用した模造刀

合金、天然木、本鮫地を使用した高級な観賞用の模造刀は、12,000〜22,000円程度の値段で販売されています。刃身には天然木が使われ、表面にメッキが塗られているため模造刀としての再現性は高く、観賞用としては遜色ない仕上がりになっています。ただし強度や重量が考慮されていないため実際の刀のように振り回すことはできず、あくまでも観賞用となっています。

(3)素振り・居合練習用の模造刀

素振りや居合いの練習用に用いられる模造刀は、重量バランスや耐久性を考慮されており、値段も22,000〜30,000円と比較的高額です。合金、天然木、本鮫地を使用したうえで、実際の日本刀に近い強度・重量バランスが再現されているため、剣道などの素振りや居合練習にも使用されています。

(4)真剣に近い素材・部品を用いた模造刀

最も高価な模造刀は、真剣に近い素材や部品を使った模造刀です。この模造刀は、素材や部品選び、仕上がりまで職人の手によって行われるため、値段も100,000円〜200,0000円と高額です。特に刀身部分は職人が刀に焼きを付けて仕上げ、刃紋に至るまで職人の手によって描かれています。

2.模造刀を買取りしてもらうには?

模造刀は、日本刀を模して鑑賞や練習のために造られた「玩具」の扱いになります。そのため「刀」として買い取ってもらうことは出来ません。もし売りたい場合には、オークションへの出品もしくは近くのリサイクルショップに持ち込むのがよいでしょう。

3.模造刀の種類

日本刀は、時代によって形や大きさ、フォルムが変化してきました。時代による刀の変化とともに、模造刀の種類について解説いたします。

(1)古墳時代〜奈良時代

まず、古墳時代から奈良時代には「直刀」が最もよく利用されていました。直刀には日本刀特有の反りがほとんどなく、平造りや元切刃造りとなっています。次いで平安時代後期から奈良時代初期までには、「太刀」が最もよく使われました。太刀の特徴は反りが強く、刃長も80cm近くあるため、実際に身につける時には腰に吊るして運ばれました。

(2)室町時代〜江戸時代

次室町時代中期から江戸時代末期には「刀」が最も使われました。刀の特徴は反りが適度に抑えられていることで、刃長も60cm程度になったことで腰に挿して移動できるようになりました。また室町時代には、刀を腰に差す文化が生まれたことによって「脇差し」「短刀」といった様々な形の刀が登場しました。「脇差し」は刀身が「刀」と同様に適度に反りをもち、刃長が「刀」の半分程度(30cm)のものを指します。

(3)桃山・江戸時代〜幕末

江戸時代には、徳川家康によって乱世の世が統一されたことで、刀はその実用的な目的を失い、「武士の象徴」として所有されるようになりました。従って日本刀は、「質実剛健な刀」から「豪華絢爛な刀」へと変化していきました。

(4)幕末以降

「短刀」は、刀身が直刀と同様で、脇差しよりさらに短かく(約20cm)鍔のない刀を指します。自決や護身、庶民の武器、仕込み刀など幅広い用途に用いられました。

4.模造刀の手入れ・アフターケアはどうするの?

まず模造刀は、素材がメッキや合金で作られていることが多いため、基本的に錆びることはありませんが、湿気や水漏れによって劣化する恐れがあります。そのため濡れた場合は乾いた柔らかい布で拭くなどの手入れが必要です。また、刃の輝きを保つために刃身にエタノールや椿油、丁字油(ちょうじゆ)を塗布することでより長持ちさせることができます。

5.歴史上名高い刀工の模造刀

歴史上名高い名刀の多くは模造刀として販売されています。ここでは歴史上名高く、模造刀が多く作られている「同田貫」と「一期一振」について詳しく紹介します。

(1)同田貫

肥後で起こった刀工集団である「同田貫」は、数々の名刀を世に残しました。同田貫は、永禄時代に肥後菊池で生まれ、肥後熊本を領する加藤清正のお抱え刀工でした。清正が豪壮で実践的な刀を好んだため、同田貫の作品は全体的に装飾が少なく、質素な作りをしています。

(2)一期一振

豊臣秀吉の愛用した「一期一振」は模造刀としても今なお人気の高さを誇っています。「一期一振」とは正宗と並ぶ名工と称される栗田口吉光によって造られ、彼にとって唯一の太刀となっています。彼は一期一振以外にも数百の刀を作りましたが、それらは全て短刀だったとされています。

戦国時代に朝倉氏が所有していましたが、朝倉氏滅亡によって毛利輝元によって豊臣秀吉に献上されました。しかし、その後大阪城落城により一期一振も焼身。この時、相手側だった徳川家の越前康継によって打ち直しが施され、徳川家に引き継がれました。

6.歴史上人気な新撰組メンバーの模造刀一覧

歴史上では、武将たちがそれぞれの愛刀を持って戦に挑みました。今回は、その中から「新撰組の主要メンバー」の愛刀模造刀についてまとめました。

(1)新撰組メンバーの模造刀

①近藤勇の模造刀

新撰組・局長の近藤勇は、天然理心流宗家を次ぐほどの実力を持った豪剣だと言われています。そんな近藤勇が生涯愛用した刀が「長曽祢虎徹」。長曽祢虎徹は、江戸の刀工「長曽根興里」によって作られた作品です。

長曽祢虎徹は、江戸後期の新刀の時代に作られた刀であるにも関わらず、古刀時代の形状や刀の柔らかさが特徴的な直刀です。近藤勇が使っていた現物は現在のところ見つかっていませんが、刀工虎徹が作ったと言われる刀はいくつか残されています。

歴史プラスで「長曽祢虎徹」の模造刀を見てみる
 

関連記事:
新撰組局長・近藤勇が愛刀「虎徹」と歩んだ生涯とは?
 

②土方歳三の模造刀

新撰組・副局長の土方歳三は、姉・のぶの嫁ぎ先である佐藤彦五郎が試衛館の近藤勇と義兄弟の契りを結んだ縁で、天然理心流に正式入門し、剣術の未知に足を踏み入れました。

土方が愛用したのは「和泉守兼定」「大和守源秀國」「葵紋越前康継」がありますが、現存していることと、その保存の良さから最も有名なのが「和泉守兼定」です。この刀は、会津藩の刀工「兼定」が作り上げたもので、会津藩主・松平容保から下賜されたと伝えられています。

歴史プラスで「和泉守兼定」の模造刀を見てみる
 

関連記事:
【新撰組・土方歳三の刀】鬼の副長が愛用した「和泉守兼定」の秘密に迫る!
 

③沖田総司の模造刀

日本の歴史上類まれなる件の使い手は数多く存在しますが、幕末を代表する剣士は、沖田総司でしょう。沖田は、新撰組最強の豪剣として皆に恐れられ、平生眼からの「三段突き」は、踏み込む足音が聞き取れないほどのスピードを誇っていたと伝えられています。

沖田総司が愛用したのは「菊一文字則宗」です。菊一文字宗則は、刀屋播磨屋道伯が作り上げた刀で、刀屋に売りに出されていた刀です。価格が1万両と庶民には手がでない金額で、沖田総司も一度は諦めましたが、道伯に気に入ってもらったことで、譲り受けることが出来ました。現在は現物は見つかっておらず、都内の神社に納められたとの説がありますが、詳細は不明となっています。

歴史プラスで「菊一文字則宗」の模造刀を見てみる
 

関連記事:
新撰組・沖田総司の愛刀「菊一文字則宗」「加州清光」は本当に現存しているのか?
 

④斉藤一の模造刀

溝口刀流を修めた新撰組・三番隊長の斉藤一。新撰組の中でも沖田総司や永倉新八らと並び称された刺客として活躍しました。沖田総司が愛用したのは「鬼神丸国重」の刀で、刃渡り75cm、全長106cmの長刀だったと言われています。

歴史プラスで「鬼神丸国重」の模造刀を見てみる
 

⑤芹沢鴨の模造刀

新撰組の初代筆頭局長・芹沢鴨。彼の凶暴さから、わずか約半年で、味方であるはずの近藤勇らに暗殺された彼ですが、その強烈なキャラに、様々なエピソードが残されています。芹沢鴨が愛用した刀は、「備後三原守家正家(ビンゴミハラノカミケマサイエ)」と呼ばれる刀です。備後三原は、三原正家に代表される備後の刀工集団です。備後三原派は、無名が多く、当時は下作とされましたが、応仁文明ごろに実践で使用され、切れ味が良いことがわかったことで評価が高まったと言われています。

歴史プラスで「芹沢鴨」の模造刀を見てみる
 

関連記事:
新撰組・初代局長「芹沢鴨」の生涯について - 愛刀、新撰組、暗殺の真実とは?
 

7.模造刀の作り方

木製の模造刀には憧れますが、木製の模造刀は高価でなかなか手に入りません。そこで安い模造刀を購入して手作りで木製の模造刀を作る方法をご紹介します。手作りの模造刀なら気に入ること間違いなしです。

◆自分でもできる模造刀の作り方

○用意するもの:電動のこぎり、紙やすり、のこやすり、鉛筆、電動ドライバー、木製板(厚さ6mm)、ニス、アルミテープ
  • /録箸金属製の模造刀を用意します。

  • ⊃録箸鯣瓦、鍔、切羽、はばきを順に外します。

  • 刃身を木製板に合わせて鉛筆でなぞり、板を切り抜きます。

  • ぅットした部分をヤスリで整えます。

  • ダ擇衄瓦い震收夙弔鬚里海笋垢蝣電動ヤスリ→紙やすりの順で削り、形を整えていきます。

  • Δ△訥度形が整ったら、仕上げにニスを塗ります。

  • Д縫垢乾いたら木製の刃身の部分にアルミテープを貼ります。余った部分は切ります。

  • ┷能蕕乏阿靴辛品をもとに戻して完成です。

  • 仕上げにクロスで刃身部分を磨くとさらに艶が出ます。

8.まとめ

いかがだったでしょうか。
模造刀には「プラスチック製の仮装用」「合金・天然木・本鮫地などを使った観賞用」「重量バランスを考慮した居合練習用」「職人が仕上げた美術工芸品」と大きく分けて4つの種類があり、個人の目的やご予算に合わせて選ぶことが出来ます。

模造刀は時代とともに形や大きさが変化しており、古墳〜奈良時代の「直刀」や「太刀」、室町〜江戸時代の「刀」「脇差し」「短刀」、江戸〜幕末時代の「新刀」といった変遷を歩んでいます。日本刀の歴史上名高い刀工としては肥後で起こった「同田貫」、名刀としては豊臣秀吉が愛用した「一期一振」があり、模造刀として今なお高い人気を誇っています。

木製の模造刀は高価なため手に入りにくいですが、安い模造刀を使って手作りで作りことができるのでぜひ一度お試しください。

また、模造刀の買い取りを検討する場合は、お近くのリサイクルショップやオークションで販売するのがおすすめです。大切な模造刀を長持ちさせるためにもこまめにエタノールや椿油を刀身に塗布するなどお手入れをおこならないようにしましょう。
  • 新撰組
  • 模造刀
  • 仏像フィギュア

商品カテゴリーから探す

商品カテゴリーから探す