海外発送/国際配送サービスの転送コム
『西陣織展・大賞作品』

■西陣織
京都の伝統工芸品、「西陣」の名は、応仁の乱に由来する。戦火を逃れ、各地に離散していた職工達は、
応仁の乱の後、再び京都に戻り、戦乱時に西軍の本陣であった大宮今出川付近で織物業を再開した。
つまり、西陣織という名前は、西軍の本陣跡、西陣がその由来だ。今回は、伝統を継承し、
さらに最新の流行も取り入れながら高品質の商品を丹精を込めて製作している、1940年創業の
ネカドの西陣織ネクタイを紹介する。

■商品説明
最高級絹糸を贅沢に織り込むことで生まれる、独特の光沢感と質感が美しい。
2016年の西陣織展において、最優秀作品に贈られる経済産業大臣賞を受賞したネクタイ。
製造や販売の目の肥えたプロフェショナルが認めた逸品だ。緻密に織り込まれた西陣織ネクタイの
最高峰を堪能しよう。色は、スーツ、ジャケットに合わせやすい大人のネイビー。

■商品概要
・素材:絹100%
・サイズ:全長約142cm、大剣幅約8.5cm
・生産国:日本製
購入数

商品カテゴリーから探す