伊達政宗/豆大兜

TKD-017

3,300円(税込3,564円)

当サイトをどこでお知りになりましたか
購入数

【伊達政宗の兜について】
出羽国と陸奥国の戦国大名、伊達氏17代当主の伊達政宗。彼の兜は「三日月型の鍬形」が特徴的です。彼の兜の鍬形が「三日月型」になったのは大きく分けて2つの理由があると言われています。

一つ目は、「妙見信仰による影響」です。妙見信仰とは、仏教の宗派の一つ「道教」のことで、特に北極星・北斗七星に対する信仰を指します。道教では、星や月、太陽を神として崇める慣習があり、「星」「月」「太陽」それぞれ信仰する対象によって宗派が異なりました。

彼は「月派」に属していたため、鍬形に月が選ばれました。また、月の中でも三日月を選んだのは、シルエットの好みと戦時に刀の邪魔にならないためだと言われています。

二つ目は、「秀吉に気に入ってもらうため」です。伊達政宗は、故郷東北から天下統一を狙って領土を広げていましたが、当時西側から勢力を拡大していた豊臣秀吉から臣従申請が届いたため秀吉の家臣となり、彼の天下統一の夢は儚くも崩れました。

【商品の概要】
戦国武将の前立てをあしらった豆大兜シリーズ。
兜部は重量感のある鉄製で、ディスプレイ用のミニ座布団が付属されます。
インテリアや、節句のお祝いの贈り物にも最適です。

■サイズ/高さ80×幅100×奥行80mm
■材質/兜 鉄製
購入数

イメージはありません。

商品カテゴリーから探す