【高岡銅器・日本製】真田幸村の戦国武将兜

HIS-116

15,000円(税込16,200円)

当サイトをどこでお知りになりましたか
購入数

【真田幸村の兜について】
大阪冬の陣で活躍し、「日本一の兵」とも讃えられた、戦国時代を代表する武将、真田幸村。彼の兜は「鹿の角」と「六文銭」が特徴的です。

彼が鍬形として「鹿の角」を選んだのは、鹿が古くから神の使いとして大切にされてきたからだといわれています。鹿が神の使いといわれるようになったのは、険しい山道を颯爽と駆け抜ける姿が神秘的な力を持つように見えたことからです。

また、前立てとして「六文銭」を選んだのは、戦死に対する覚悟の表明のためだといわれています。そもそも「六文銭」とは、納棺の際に死後の平安を祈るために「三途の川の渡し賃」として棺に六銭投げ込む慣習から生まれたもので、彼は六文銭を兜に描くことで兵士に対する意思表明を行なっていたと考えられます。

【商品の概要】
「真田の赤備え」と呼ばれ恐れらた真田幸村の兜をデスクトップサイズに仕上げました。
材質は重量感のある合金製、ディスプレイ用の座布団付で、節句の飾りにも最適です。

■サイズ/高さ155×幅140mm
■材質/亜鉛合金、真鍮・ダイカスト製、金メッキ、塗装仕上
■付属品/兜、座布団
購入数

商品カテゴリーから探す