海外発送/国際配送サービスの転送コム

一緒に購入されている商品

摸造刀/真田六文銭 大刀(赤)SWO-121

SWO-121

19,000円(税込20,520円)

当サイトをどこでお知りになりましたか
真田氏の旗印「六文銭」が鞘本体はもちろん、小尻や鯉口部にも贅沢にあしらわれた大刀。
鞘の塗りは、日本一の兵・「真田の赤揃え」をイメージさせる赤。

【真田六文銭/大刀のストーリー】
現在、NHKで放映中の人気大河ドラマ「真田丸」の主人公である真田幸村(信繁)は
戦国時代の中でも特に人気のある武将の一人です。
また、その父である真田昌幸をはじめ真田家の家紋には特徴的である「六文銭」が用いられています。
この「六文銭」の意味は、人が死んだ時にあの世で渡るとされている三途の川を渡るための渡し賃で、
この六文銭を家紋としているのは、合戦中でも死を恐れずに「不惜身命(ふしゃくしんみょう」、
つまり命をかけて死を恐れないという意味が込められています。
実際、真田幸村は大阪夏の陣で非常に劣勢の中にある豊臣側の武将として、
徳川家康の陣中まで侵入し、家康を追いつめた稀有の武将として知られています。

その真田幸村が帯刀し、使用していた刀は鎌倉相模国の名匠・正宗による大刀と言われており、
さらには伝説的な存在である妖刀・村正も所持していたと語られますが、
村正については真偽が確認されていません。
ただし、真偽のほどは別としても、妖刀を持つと言われるほどに真田幸村の強さが際立っていた、
という証だと言えるでしょう。


■サイズ:全長:約105cm、刃渡り:約73.5cm
■重量:約1.3kg
■仕様:刃紋:湾れ、鍔:六文銭、鞘:朱呂(ウレタン塗装)
■材質:刃材:亜鉛合金ダイキャスト、銅・クロムメッキ、柄材:樹脂、人絹捻巻、鞘材:天然木、下緒:人絹平織


【摸造刀商品に関するご注意】
・本商品は、非鉄金属性の「摸造刀」です。
ご購入に際して、免許や登録の必要はございません。

・観賞用と作られておりますので、強度が高くありません。
振り回すと破損や事故の原因となりますので決して行わないでください。
購入数

一緒に購入されている商品

商品カテゴリーから探す

雑誌タイトルから探す