海外発送/国際配送サービスの転送コム
5月人形

個性溢れる武将たちのミニ兜をお子さん・お孫さんに

五月人形は、子供の誕生を祝うとともに、強く、逞しく生きてほしいという願いを込めて端午の節句の時期に飾る人形や兜を指します。

歴史プラスでは、「徳川家康」や「伊達政宗」など人気武将の「ミニ兜」を10種類取り揃えております。

また、ディスプレイ用のミニ座布団も付属しているため節句のお祝いや贈り物として最適な逸品となっています。

コンパクトで、お手に取りやすい価格となっておりますので、ぜひこの機会にご検討ください。

五月人形

4商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
4商品 1-4表示
  • <
  • 1
  • >
4商品 1-4表示
  • < Prev
  • Next >

端午の節句の意味

端午とは「月のはじまり」を意味する「端」と、「午の日」を意味する「午」が合わさった言葉です。従って、端午とは本来、月のはじめの午の日を表す言葉でした。しかし、「午」と「五」の音が同じだったことから5月5日を指すようになったと言われています。

また「節句」とは、季節の折り目を表す言葉で、「節供」とも表現されます。神様に食べ物を供える行事を指すようになりました。日本では5つの節句があり、端午の節句はその一つです。

中国から伝わった端午の節句は、奈良時代では菖蒲(しょうぶ)の薬草を摘んで邪気を払うといった宮廷行事でした。 しかし、鎌倉時代の武家政治の影響を受ける中で菖蒲(しょうぶ)が、武士道を尊ぶことを意味する尚武(しょうぶ)へと変遷していきました。その中で兜や甲冑を送る文化が成り立ち、男の子の日という風潮になったと言われています。

こどもの日に兜を飾る意味

子どもの日に兜を飾るのは、武家社会の風潮が基礎となっており、大きく分けて2つの理由があります。

1つは、鎌倉・室町時代の武士が毎年5月頃、甲冑を座敷に出していたことが由来します。武士たちは、梅雨の時期に風通しの良い場所に飾ることで、甲冑の状態が悪くなるのを防いでいたと言われています。

2つ目は、甲冑が武士にとって、身を守るために最も重要な道具であることが由来します。武士たちにとって兜などの甲冑は、戦で自分の身を守る唯一の道具です。従って、武士たちは、兜に「自分や家族、子どもたちの身を守る」意味があると信じ、奉っていたと言われています。

このような歴史が基礎となって、兜や人形を飾ることが伝統となり、現代まで引き継がれています。

  • 新撰組
  • 模造刀
  • 仏像フィギュア

商品カテゴリーから探す

雑誌タイトルから探す

商品カテゴリーから探す

雑誌タイトルから探す